1. ホーム
  2. みらい保育園のこと

私たちの想い

21世紀を生きていく
子どもたちにできること

 未来は、子どもたちのためにあります。


子どもたちが生きていくのは、まだ見ぬ未来です。

今の子どもたちが社会に出るのは20年以上先。

今から20年後の未来は、技術の進歩により、

今とはまったく異なる社会になっていると言われています。

みらい保育園では、そんな未来を生きる子どもたちが、

さまざまな変化や困難にも立ち向かっていける

考え方や行動力を身につけるお手伝いをしたいと考えています。

保育理念

個々の成長発達に合わせ、
のびのび、いきいきと、

自分で考え行動できるよう、
成長を見守ります。

保育目標

ひとりひとりの個性を尊重して、
長所を伸ばし、自己肯定感を育てる。

創作活動を通じて、
自ら考え、行動する力を育てる。

共同生活を通じて、違いを受け入れ、
他者を思いやる心を育てる。

1. ひとりひとりの個性を尊重して、

長所を伸ばし、自己肯定感を育てる。

近年、詰め込み教育が優先されることにより、自分で考えて行動することが苦手なこどもが増えてきています。当園では、自分で考える力を育むことを重視した保育を目指しています。

2. 創作活動を通じて、自ら考え、
行動する力を育てる 

自ら考える知的活動の基礎として、大・小・高低・太細などの間隔を視覚で養うための《円柱さし》《棒・タワー階段》などの自己教育力教具を導入しています。

2. 創作活動を通じて、自ら考え、

行動する力を育てる 

自ら考える知的活動の基礎として、大・小・高低・太細などの間隔を視覚で養うための《円柱さし》《棒・タワー階段》などのモンテッソーリ教具を導入しています。

3. 共同生活を通じて違いを受け入れ、

他者を思いやる心を育てる

SDGs(持続可能な開発目標)を教育に取り入れ、違いを受け入れ、他者をいたわり、協働することの楽しさを学ぶことにより、「実行力」と「探究心」を育みます。

園の写真

保育士紹介

個々の成長発達に合わせ、
のびのび、いきいきと、

自分で考え行動できるよう、
成長を見守ります。

保育士・園長

三浦 佳代

ひとりひとりの気持ちを大切にし、「保育園大好き」と言ってもらえるよう努めます。

保育士

目黒 敏也

園に通うことが「楽しいなぁ」と思ってもらえるような保育を日々実践します。

保育士

内村広美
片桐育美
平野奈央子


保育補助

岩崎友加

調理員

市原知子

保育補助

青木 貴子

子どもたちの良いところを見つけ、のびのびと活動できるよう努めます。

保育補助

藤沢 ひろ子

かわいい園児たちが毎日楽しく過ごせるように努めています。

調理師・給食責任者

岡崎 あゆみ

園児たちに、毎日モリモリ食べてもらえる給食を作ります!